Eroterest Crawler 取扱説明書

2021年11月26日Uncategorized


Eroterest Crawler-1.0.0.5をダウンロード

1.Eroterest Crawler-1.0.0.5をダウンロード、解凍

お送りした圧縮ファイルをWindows10にて、クリック解凍してください。

2.解凍したフォルダーを開き、「Eroterest Crawler」をクリックする

3.「Eroterest Crawler」の操作画面が出ます

4.クローラー操作画面の入力方法

 

1 「キーワード」

抽出したいキーワードを入力する。
※複数キーワードも可能です。(半角スペース区切り)

2 「スタートページ」「エンドページ」

エロタレストを開き、「キーワード」で検索した後のページ数を入力する。
例えば、「スタートページ」に1000、「エンドページ」に1009と入力すれば、指定したページの動画の情報を取得します。

取得ページ数はMAX10ページ程に必ずしてください。取得する時間帯も夜の19時から夜中には起動しないでください。
エロタレストへの負荷が一番かかる時ですので、回避するようにしてください。

3.「待機時間」

こちらは変更しないでください。

4.「スキップURL文字列」

自サイトのURLを入力し、ご自身で掲載した動画取得を回避することができます。

5.「Chroneを非表示で実行する」

チェックは無しのままで良いです。

6.「スタート」

スタートボタンをクリックすると自動でデータの取得が始まります。

6-1.「クローリングが完了しました」

クローリングが完了しました、という画面が出たら終了です。

クローリングのシステムを使用する時間帯は夜の19時ぐらいから夜中までは、できるだけ避けるようにしてください。
エロタレストのサーバーへの負担がかかり、思わぬアクシデントが起こるかもしれませんので。

7.「アウトプットディレクトリを開く」をクリックすると、データが取得されています。

「Google Chrome」で保存

1.「Google Chrome」をインストールし、開きます。

右上の丸天マークの中の、「スプレッドシート」クリックします。
ここでは、Google Chromeの方が管理しやすいので、使用しています。

2.「スプレッドシート」にクローリングしたデータを保存します

空白をクリックし、新しいスプレッドシートを作成します。

3.「ファイル」の「開く」をクリックします

4.「アップロード」を選択します

5.先ほど取得したデータを「ドラッグ&ドロップ」します。

6.取得したデータが自動で、表で表示されます。取得完了です。

  • ShareVidoのサーバー障害が起きた場合は取得できるが、視聴できない場合がございます。(ShareVideo側の問題)
  • エロタレストより直接スクレイピングするので、リンクが特殊、リンク切れなど、リンクが取得できない場合があります。
  • バクではございませんが、重複するリンクを取得する場合がございます。
  • 転売目的での購入は絶対にお辞めください。
    発覚した場合は、使用禁止とさせていただきますので、ご注意ください。
  • エロタレスト側での仕様変更した場合(大規模サイト修正)にスクレイピングできない場合がございます。

取得したスプレッドシートのデータ整理(WPで自動投稿する場合)

1.完成形

空白の各項目を埋めていきます。

2.まずは「タイトル」と「タグ」の項目を見やすいように折り返します

「表示形式」→「テキストの折り返し」→「折り返す」を選択します。
エロタレストへ掲載する場合は、タイトル部分を書き換えてください。(同タイトルと見なされ掲載されません)

必要に応じて、タグの部分も修正してください。
エロタレストの掲載ルールにつきましては、登録後、各自でお調べください。

3.各項目の説明と役割

黄色の箇所がスクレイピングしたものです。

  • post_id
任意の番号を半角英数字で入力する(連番) 例 p210428og0001など
  • post_name
月別のリンク 例 https://petit-abnormal.xyz/wp-content/uploads/2021/04/
  • post_author
掲載者のニックネームなど
  • post_type
postと入力してください
  • post_status
draft(非公開)と入力してください
  • post_click
投稿日 2021-04-28
  • post_site
スクレイピングしたASPのサイト名(ShareVideos、PornHub、tube8のみ)
  • post_title
スクレイピングしたタイトル(エロタレへの掲載時は修正してください
  • post_category
「キーワードで検索した」カテゴリー名を入力ください
  • post_tags
スクレイピングしたタグ(エロタレへの掲載時は任意で修正してください
  • post_thumbnail
スクレイピングした画像リンク(画像が取得できますがエロタレへの掲載時は変更してください
  • post_url
スクレイピングした動画リンク(ShareVideos、PornHub、tube8はアフィリエイト契約を結んでください。そのまま掲載すると他人のIDのままなので、収益がはいりません
  • post_duration
スクレイピングした掲載日
  • post_content
必要に応じて「DMMなどのフル動画のURL」を入力します
  • custom_field
スクレイピングした他サイトのリンク
  • custom_field
スクレイピングした動画再生時間

4.完成したら、CSVファイルを書き出します

「ファイル」→「ダウンロード」→「カンマ区切りの値(csv、現在のシート)

WPに自動で投稿する方法

1.WPのプラグインから「新規追加」をクリックする

2.「WP All import」と入力し、検索する

左上に出てくるプラグインを入手する。

3.左のメニューに「すべてインポート」というメニューが表示される

「New Import」をクリックする。

4.「ファイルをアップロード」をクリックする

5.先ほど作成・ダウンロードした「CSV」ファイルを選択する

6.「ステップ2に進みます」をクリックする

7.「タイトルと内容」下記のように入力する


テキストタブを選択し、テキストをコピペしてください。

<img src="{post_name[1]}{post_id[1]}.jpg" border="0″ />
<a class="play_link_btn" href="{post_url[1]}" target="_blank" rel="noopener noreferrer">サンプル動画を見る({custom_field_2[1]})</a>

上記のHTMLは変更すれば、レイアウトや見せ方などを変更できます。

8.コピペしたら、下へスクロールし、「タクソノミー、カテゴリ、タグ」を下記のように入力する

右の緑色の同じ名前をドラッグ&ドロップしても入力できます。

9.「その他 投稿のオプション」を開き、下記のように設定します。

10.一番下の「Update Template」をクリックする

11.「すべてインポート」→「Manage Import」をクリックする

一度、新規で作成したものは、次回から繰り返し使用できますので、「Manage Import」を選択してください。

12.「インポート設定」をクリックする

13.「ファイルをアップロード」する

14.CSVファイルを選択する

15.一番下の「インポート設定を保存」をクリックする

16.「インポートの確認&実行」をクリックする

17.「インポートの確認&実行」が自動で始まります

18.「インポート完了!」が表示されたら自動投稿の完了です

後は、投稿一覧の「下書き」の箇所に入っていれば、自動投稿の成功です。

参考ページ

【WordPressプラグイン】WP All Importの使い方とCSVインポート時に文字化けした時の対処法

まとめ(補足)

現状の自動投稿するCSVデータには画像は含まれておりません。

エロタレストでは、タイトル、タグと同様、画像についても同じものは使用できませんので
「post_id」で任意につけたファイル名を取得・掲載する画像名として、ファイル化し、メディアメニューに追加してください。

Posted by hiro